ウェブページ

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月の記事

雪の花sanpo

雪です。

S1612
奥のガーデン前は一面雪。

S1620
埋もれる多肉たち。

S1610
ステキ度さらにupshineのsunny店長のガーデン。

メッチャ寒い!!
けど、
この辺りで積もるなんて珍しく、子ども達は雪遊び目当てに早く登校しました。
私も、雪の花sanpoでお散歩。
今回はミニミニ写真集ですcamera

S1611
雪道を行く人をひっそり見まもるポットマンsnow

S1613
趣を増す土間の間。風情は温泉旅館。

S1618
水蓮鉢の水も凍っています。

S1614
ビオラが頭を垂らして寒さに耐えてました。

S1615
ネメシアやキンギョソウはか弱そうに…
ツメタイ…とか思ってる?catface

S1616
一方凛とした佇まいのマンリョウ。
雪がよく似合います。

S1617
こう見ると、マルチングの下の土は守られてるんだなぁと肌で感じますね。
ひっそりと植物たちの声が聞こえてきそうです。

S1621
写真を撮っている間に、空が晴れてきました。

S1622
店先のポットマンも雪が取れ、日なたぼっこです。

先日大寒を迎えましたが、まさに暦どおり。
昔の人の智恵には、毎度のことながら脱帽です。
来週には立春となりますね。
暖かくなるのはまだ先でも、夕方の日の長さに、私たちは春を感じることでしょう。

そしたら花sanpoもOPENです。
2月3週目あたりから通常openできるでしょうかsmile
とりあえずは水曜のみOPENが続きます。
店内暖かくして待っていますので、熱い珈琲でも飲みにいらして下さいね。
kon

陶芸教室~日付訂正

昨日アップしました
ふくしげ先生の陶芸教室「cafe style の鉢づくり」
での日程が間違っておりました。
大変失礼いたしましたwobbly
正しくは
 1回目:3/4(金)、 3/10(木)
です。
(正しく訂正してアップし直してます。)

よろしくお願いいたします!

陶芸教室 cafe style

新春第一弾の講座が決まりました!

大人気・ふくしげ先生の陶芸教室
「cafe style(カフェ・スタイル) の鉢づくり」


Fkcs2

1回目:陶器のキッチンウェアのような鉢を作ります
 3/4(金) 10:00~ / 13:00~
 3/10(木) 10:00~


2回目:焼きあがった陶器の鉢に寄せ植えをします
 4/22(金) 10:00~ / 13:00~ (多少の変更OK♪)


定員:各回5名
講座料:3800円 (2回合わせて。材料費、植え込みの土・植物、他すべて込み)


前回作った鉢にはセダムを植えこみましたねbud
お店に飾ってある作品をご覧になったお客様からは必ず ステキ!カワイイ!lovely とお褒めの言葉を戴きます。
今回は趣向を変えて、ワンシーズンで終わらずに、2、3年は鉢そのままでも楽しめるものを植えたいと企画中です。

お部屋の中の、ダイニングの脇に、ちょこっと置いてあるグリーン。
ステキですね~shinehappy02shine

お申し込みは花の散歩道まで。
このブログにコメントいただければOKです。公表されませんのでご安心ください。

え?鉢じゃなくカップとして作りたい?!
分かります、その気持ち♪ そんな方はぜひ陶工房ふくしげへどうぞ。
1日体験教室もあるそうですよ~happy01

kon

あけましておめでとうございます

本年も、「癒される~confident」と言っていただける花の散歩道を目指して
楽しく笑顔で頑張ります。
よろしくお願いいたしますheart01

と書いている間に、新年も明けてはや7日。
松の内も今日まで。
あっ七草粥も食べなくちゃ。

・・・春の七草。
セリ ナズナ ゴギョウ ハコベラ ホトケノザ スズナ スズシロ
これぞ七草。

では、秋は?
ハギ キキョウ クズ フジバカマ オミナエシ オバナ ナデシコ
秋の七草。

はて。春と秋の代表になっているこれらの植物。
何か特徴が?

春の七草は七草粥に入れる程ですから、やはり食用。
それも胃腸を休める作用があったり、
昔はおそらく貴重であった冬場のビタミン類の補給を目的として、
これらの植物が自然とピックアップされてきたのかなぁclover
なんて思います。

対して秋は。
秋の野に自然にそこいらに生えていたり花が楽しめるもの。
昔は、実りの秋を感謝するの祭事などで見て飾って楽しんだのかもしれません。
お月見のススキですよね。

昔の人は自然を利用して上手に暮らしてきたのですね。
現代人も恩恵を受けて今夜のメニューが決まりますflair
ありがたや~ありがたやnote

花の散歩道も、自然を基礎として、
独特の価値ある活動をしていきたいと思います。
また1年、よろしくお願いします!

kon

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »